ブラジル景気後退入り、30年ぶりの大幅減速

インフレ率が10年ぶりの高水準に

 8月28日、ブラジルが景気後退に突入した。写真はルセフ大統領。ブラジリアで27日撮影(2015年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[サンパウロ 28日 ロイター] - ブラジル地理統計院(IBGE)が28日発表した第2四半期の国内総生産(GDP)は前期比1.9%減となり、景気後退(リセッション)に突入した。約30年ぶりの大幅な減速となる。

ロイターのまとめたアナリスト予想の1.7%減を超える落ち込みとなった。前年同期比では2.6%減。

資源・コモディティ(商品)に勢いを得ていたブラジル経済は、ルセフ大統領が就任した2011年以降に失速。同大統領が打ち出した景気浮揚策は成長を押し上げることなく、公民債務だけが拡大していった。

ブラジル中銀がインフレ抑制に取り組むなか、ルセフ大統領は今年に入り、政府支出や補助金などの削減に舵を切ったが、過去最低水準をつけている企業業況感や消費者信頼感の引き上げにはつながっていない。

第2四半期の投資は8.1%減と、8四半期連続で減少。

家計消費は2.1%減と、2001年以来の大幅な落ち込み。失業の増加や信用状況のタイト化、インフレ率が10年ぶりの高水準に達していることなどが背景にある。

スルアメリカ・インベストメントスの首席エコノミスト、ニュートン・ロサ氏は「消費の落ち込みは、経済が直面している信認の危機を浮き彫りにした」と指摘。「深刻かつ長期にわたるリセッションとなるだろう。少なくとも来年中盤ごろまで、回復は望めない」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。