円安、非コンテナでの市況回復から全般に増額期待。11月9日の大手決算発表に注目

共栄タンカー<9130.東証>に続き、海運準大手の新和海運<9110.東証>が再増額修正で一転増益になったことで、同じ準大手の飯野海運<9119.東証>、第一中央汽船<9132.東証>についても8月の増額修正に引き続いての再増額修正による一転増益予想も期待されている。また、日本郵船<9101.東証>、商船三井<9104.東証>、川崎汽船<9107.東証>の海運大手3社については、8月時点では準大手以下各社は営んでいないコンテナ船部門の不振から減額修正しているが、バラ積み船や資源・エネルギー船など非コンテナ船部門では準大手と同じような円安・市況回復、さらに燃料油価格の若干の低下などプラス要因が生じているため、中間決算にかけて逆に増額修正(減益幅の縮小)が行われる可能性もゼロではない。11月9日にいっせいに発表される大手の決算発表が注目される。
【大滝俊一記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。