年賀状の戦後史 内藤陽介著

年賀状の戦後史 内藤陽介著

今年も年賀状印刷ののぼりを目にする時期が来た。恒例のお年玉付き年賀はがきが初めて発行されたのは1949年のこと。特等商品はミシン、1等が純毛洋服地、2等が学童用グローブと、戦後の国民生活の一端をうかがい知ることができる。

2012年用のお年玉付き年賀はがきの発行枚数は35億6000万枚。年々減っているとはいうがそれでも1人当たり30枚程度という膨大な枚数だ。日常の通信は携帯電話や電子メールで済ます現代にあってなお、年中行事として私たちの生活に根差す年賀状。郵便資料を用いて国家と社会、時代や地域のあり方を読み解く「郵便学」を研究する著者がユニークな視点で戦後の日本を描く。

角川ONEテーマ21 760円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。