アダム・スミス『国富論』を読む 丸山徹著

アダム・スミス『国富論』を読む 丸山徹著

まれに見る現実が日本にあるにもかかわらず、なぜそれをとらえる経済学が生まれないのか。「20年デフレ」の渦中で日々を過ごし、いつまでも長期停滞を脱せない現実に遭遇すると、誰もがそう思わずにはいられないのではないか。

経済学の祖といわれるアダム・スミスの主著『国富論』は、実に18世紀後半の英国社会の文脈があればこそ書かれたものであって、普遍的な学問的欲求から執筆されたのではない--。この事実を本書で知れば、現代日本の経済学への物足りない気持ちがますます募ってくる。むしろ「見えざる手」や「自然価格」といったことよりも、スミスが当時の現実にどのように向き合っていたか、彼の考え方がどのように形づくられたのかが大きく興味を引く。

マネタリズムや人口動態論ではなく、『国富論』に凝縮された同時代論と同様に、現代の日本経済をとらえる新しい試みがあってほしいと願わせる書だ。

岩波セミナーブックス 2730円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。