パソコン出荷見通しは8.7%減に下方修正

大量の在庫やドル高が逆風に

 8月26日、調査会社IDCは2015年のPC出荷台数見通しを下方修正した。写真はバンコクのネットカフェで2010年9月撮影(2015年 ロイター/Sukree Sukplang)

[26日 ロイター] - 調査会社IDCは、2015年のパソコン(PC)出荷台数見通しを従来の6.2%減から8.7%減に下方修正した。大量のノートブックPC在庫やドル高の影響で、落ち込みがより激しくなるとしている。

PC出荷は2017年に再びプラスに転じる見通しだが、一般消費者向けは2019年末まで減少が続くとしている。

2016年は経済問題や米マイクロソフト<MSFT.O>の新しい基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」の無料アップグレード、新商品の減少などが足かせになる見込み。

IDCは2019年のPC出荷台数を2億8210万台と、2015年の2億8160万台から小幅に増加すると予想している。小型ノートパッドなど、ポータブルPCが出荷台数を押し上げる見込みで、デスクトップは減少が続くとしている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。