過熱するバイオ素材投資、欧米勢は積極攻勢も、逡巡する日系大手

11月上旬。日本の総合商社2社が「バイオコハク酸」と呼ばれる植物から取り出す素材で、海外企業と相次ぎ提携した。

三井物産は、カナダのバイオアンバー社と組み、2013年をメドに量産に乗り出す。双日は米ミリアント社と販売・製造で戦略提携した。

「植物を資源として活用する流れは避けて通れない」。三井物産スペシャリティケミカル事業部の幹部は力説する。2陣営がもくろむのは「バイオ素材」の普及だ。

拡大する世界市場 国内はコスト高が壁

バイオコハク酸は最終的にはプラスチック(合成樹脂)などの化学品に加工される。こうしたバイオ素材の原料はバイオコハク酸のほか、ポリ乳酸などさまざまで、植物を発酵・分離精製して抽出する。エチレンなど、石化製品の原料と同じ属性の素材を精製できる場合もある。

化学品は現在、石油や天然ガス系原料を使うのが主流。一方、生育過程でCO2(二酸化炭素)を吸収し、持続的に収穫できる植物を使うバイオ素材は、将来の資源不足や地球温暖化問題に対応する有望な事業だ。

日本では、三菱化学や三井化学、帝人などが、それぞれの得意分野に関連したバイオ素材の技術・製品開発や市場開拓などを進めている。

調査会社の富士経済は、バイオ素材の代表格といえるバイオ樹脂(バイオマスプラスチック)の世界市場が昨年、約570億円に達したと推定。15年には約1700億円まで拡大すると予測する。石化製品に比べまだ規模は小さいが、将来、一定の地位を占める可能性は低くない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。