アメリカ秘密公電漏洩事件 原田武夫著

アメリカ秘密公電漏洩事件 原田武夫著

米国秘密公電の暴露が世界各地で果たす役割を究明した書。元外務官の著者は中東革命、日本の大震災、円高、メディアの動き、政治家の言動など世界の事象とウィキリークスとの関係を丹念に調べていくうちに、あまりに美しすぎる偶然が重なることに疑いを抱く。意図的にリークが行われ、政治体制への影響が意図されているのではないか。米国は秘密公電流出の被害者などではないのではないか。確かにそう考えると納得がいくことは多い。

国境線が劇変する「新しい中東図」に向かうかのような動きが続いているという指摘は興味深いが、米国の次なる標的はどこか。人口動態と累積債務から生じる「2013年問題」を契機に「怒濤のバブル」が発生し「民主化」という名の国家体制の危機が日本に訪れて今度も日本の国富が収奪される。これが米国の勝利シナリオだという。ウィキリークスの意味するものを読み解く手掛かりが多々得られて参考になる。(純)

講談社 1680円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。