反攻するすかいらーく、米投資ファンド傘下で活路

反攻するすかいらーく、米投資ファンド傘下で活路

米投資ファンドのベインキャピタルは11月、野村ホールディングス傘下の投資会社などが持つ外食大手すかいらーくの全株式を総額約1600億円で取得する。ファンドがかかわる日本企業の買収としては、2008年のリーマンショック以降、最大の規模だ。

企業コンサルティング発祥でマーケティングなどに強みを持つベインは、米ドミノ・ピザやバーガーキングなどに投資しており、「日本でも小売りや外食の案件を手掛けたかった」(杉本勇次マネージング・ディレクター)。10年10月から野村へアプローチし、1年がかりで実現した。

成長分野に殴り込み 「他社のまね」との声も

外食市場は1997年の30兆円をピークに10年は23兆円と右肩下がり。その中で、すかいらーくの業績は改善が進む(図)。本業の儲けを示す営業利益は10年12月期で131億円と回復。減損損失などで当期純損益は5期連続の赤字だが、どれだけキャッシュフローを生んだかを表すEBITDAは、ライバルと肩を並べる水準だ(表)。「(外食で)これほどキャッシュを生み出せる企業は少なく魅力的だ」(杉本氏)。


関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。