「転職後1週間」を正しく過ごす5つの鉄則

"転職のプロ"山崎元さんに聞く

転職して最初の1週間は、職場から注目の的。その間にするべきこと、してはいけないことは?(写真 : KAORU / PIXTA)

「転職」は通年化して久しい。この夏のタイミングに新たな職場で働き始める人もいるのでは?  新しい環境に胸ときめかせる一方で、「本当に次の職場でもやっていけるのだろうか」という不安もまたあるもの。でも、せっかくの心機一転のチャンス、スタートダッシュで差をつけて、デキる人だと思われたいと意気込んでいるのではないだろうか。

そこで、12回の転職を経験してきた“転職のプロ”である、経済評論家の山崎元さんに、いち早く仕事の成果を上げるための「転職後1週間の過ごし方」を教えてもらった。

「デキるアピール」はNGと心得るべし!

本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です

まず注意しておきたいのが、新卒入社と中途入社の違いだ。入社する側は、新しい環境に飛び込むという意味ではどちらも同じ。けれど、受け入れる側の目線は大きく異なることを理解しておきたい。

「中途で即戦力として採用された場合、既存の社員たちにはない能力を買われて雇われたという側面があります。つまり、新卒はただのニューフェイスだけど、中途はライバル。どういうレベル感の人が来るのかみんな高い関心を持っているし、必ずしもよい印象を持っている人ばかりでないということを心得ておいた方がいいですね」

いきなり自分から能力をアピールして周囲の反感を買っては元も子もない。「自己紹介でウケを狙ったり、歓迎会で大演説をぶつようなことは避けておいた方がいい」と山崎さんはアドバイスする。

「まずは『デキると思われたい』という意識を捨てること。これがいちばんです。転職して最初の1週間は、ほっといても関心が集まる時期。自分から注目を引く必要はありません」

次ページ不要な焦りを捨てて座席表を手に入れよう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。