ギリシャ総選挙は9月中旬にも実施か

10月実施を推す声も

 8月20日、ギリシャのチプラス首相は総選挙実施を発表する可能性がある。写真はアテネで同日撮影(2015年 ロイター/Stoyan Nenov)

[アテネ 20日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は20日中に総選挙実施を発表する可能性がある。国営メディアのERTが同日、報じた。

チプラス首相率いる急進左派連合(SYRIZA)内で新たな支援策の内容をめぐり対立が見られることで、9月にも解散総選挙が行われるとの見方が出ていた。

ある当局者は記者団に対し、議会で信任投票を行う計画は棚上げとなっており、9月中旬にも総選挙を実施する可能性が高まっていると指摘。チプラス首相はこの日、今後の対応について幹部らと協議するとした上で「すべては可能だ」と語った。

総選挙の日程としてERTは、急進左派連合内の一派は9月13日もしくは20日、別の一派は10月を推していると伝えている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。