パズドラが人気ランキングから姿を消した!

最新の月間ダウンロード上位に表れず

7月の人気スマホアプリは?(写真:【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA)

月に1度のAppAnnieのスマホアプリランキング速報をお届けする。今回は8月20日夜に同社が発表した7月分のランキングだ。第10位までのダウンロードランキング、売り上げ金額ランキングを、中軸カテゴリであるゲームアプリ(iOSとGoogle Playの合計)について見ていく。なお、同社は米国を中心に世界の主要国の動向を調査しているが、今回掲載するランキングの対象になっている地域は「日本国内」である。

まずはゲームアプリから見ていこう。ダウンロードランキングは順位の変動が激しく、トップ10のうち、3位と5位以外は新顔だ。日本のパブリッシャーが作成したタイトルだけでなく、アジアのパブリッシャーの作品も目立ち始めている。

今回、圏外から首位に急浮上したのが「LINE Bubble 2」。LINE のゲームサービス「LINE GAME」のうち、世界3000万ダウンロードのヒットとなった「LINE バブル」の続編。ブラウン、コニーなどのLINEキャラクターが活躍するステージ形式のパズルゲームだ。

なお、ダウンロード数でも上位に付けていたガンホー・オンラインの「パズル&ドラゴンズ」(6月は6位)が、ついに7月には圏外となってしまった。ひとつの時代の終わりを象徴しているのかもしれない。

アイテム課金などが多いタイトルを順番に並べた売り上げランキングでは、トップ6までが先月と不動。5月に起きた横綱交代が定着し、ミクシィの「モンスターストライク」が3カ月連続で首位に立った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。