年収の10倍!高騰する東京マンション事情

もう手が届かないのか?

首都圏のマンション価格が高騰している!?(写真 : Bilbo / PIXTA)

東京カンテイの調査結果によると、2014年に分譲された新築マンションの年収倍率は、全国平均で7.17倍になり、前年より0.58拡大した。年収倍率が10倍を超えたのは、東京都(10.61倍)と神奈川県(10.11倍)、石川県(10.97倍)、京都府(10.98倍)。新築マンションの年収倍率が拡大し、手が届かない存在になってしまったのだろうか?

年収倍率の全国平均は、新築、中古ともに上昇傾向

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

東京カンテイが算出した都道府県別の年収倍率は、“マンションの買いやすさ”を検証するためのもの。都道府県ごとに分譲された新築マンションの平均価格(70m2換算)が、平均年収※の何倍に相当するかを割り出している。

※「平成24年度県民経済計算」の1人あたりの雇用者報酬を基に2014年の平均年収を予測した数値

新築マンションは値上がり傾向にあり、新築マンションの平均価格は2862万円から3069万円へと207万円(7.2%)上昇したのに対し、平均年収は434万円から428万円へと6万円(1.4%)減少したため、全国的に年収倍率が前年より拡大する結果となった。特に首都圏では、新築マンションの平均価格が10%上昇する一方、平均年収が横ばいだったことが影響し、年収倍率は前年より0.88拡大して9.68倍となった。

●都道府県別 新築マンション価格の年収倍率(出典:東京カンテイ「都道府県別 新築・中古マンション価格の年収倍率2015」より抜粋)
全国平均 7.17倍
首都圏 9.68倍(埼玉県9.24倍、千葉県8.44倍、東京都10.61倍、神奈川県10.11倍)
中部圏 6.74倍(岐阜県6.00倍、静岡県6.46倍、愛知県7.07倍、三重県7.28倍)
近畿圏 7.95倍(滋賀県6.79倍、京都府10.98倍、大阪府7.72倍、兵庫県8.77倍、奈良県6.47倍、和歌山県6.94倍)
次ページ中古マンションの年収倍率は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。