Airbnbでは「性的暴行」の被害が起きている

他人の家に宿泊するときの注意点は?

ジェイコブ・ロペスは滞在先のマドリードで、Airbnbのホストから性的被害を受けたことを語ってくれた(写真:Gretchen Ertl/The New York Times)

7月4日の夕方、ミカエラ・ジャイルスの携帯電話から緊急事態を知らせる音が聞こえ始めた。そして、ホラー映画のようなメッセージがいくつも画面に現れてきた。

メッセージは、彼女の19歳になる息子からだった。マドリードのAirbnb(エアビーアンドビー)のホスト(部屋の貸主)が、集合住宅の4階の部屋に彼を閉じ込めカギをかけたというのだ。息子はその部屋に宿泊する予定だった。息子のメッセージによると、ホストはまだ部屋の外にいて、台所の引き出しでナイフをガチャガチャいわせながら、性的行為に応じるよう迫っているという。息子は母親に助けを求めていた。

閉じ込められた息子…誰も助けてくれない

母親はAirbnbに電話をかけた。だが、同社の従業員は息子の宿泊先の住所を教えず、警察に電話をしようともしなかった。彼らは母親にマドリード警察の電話番号を伝え、住所を知りたいなら、マドリード警察からAirbnbに電話をしてもらうようにと言った。だが彼女によると、その番号に何度かけても、スペイン語のメッセージが流れるだけで電話は切れてしまったという。そして、Airbnbの窓口に繰り返し電話をかけると、しまいには留守番電話のメッセージが応答するようになった。

息子のジェイコブ・ロペスによると、その晩、彼は性的暴行を受けたという。最終的には、彼は自分を解放するようホストを説得した。今はマサチューセッツ州の自宅に戻って、心的外傷を癒すセラピーを受けている。

ホストは男性として生まれたが女性として生活している人物で、ロペスの訴えを否認している。彼女はロペスを脅してはいないとし、性的行為も合意の上だったと話した。しかし、仮に彼女が正しかったとしても、ロペスが警察にウソの報告をしたり、自分の体験を公表したりすることで、悔やまれる経験を葬り去ろうとするとは考えにくい。

だが、ここで問うべき問題はAirbnbについてだ。同社は顧客の安全に関して、どの程度の責任を負うつもりがあるのだろうか。Airbnbは顧客を「ゲスト」と呼び、自社独自の安全対策と接遇を実施している。だが、ロペスのケースでは、Airbnbは一般的なホテルの対応とは異なる行動を取った。つまり、誰かを派遣してロペスの様子を見に行かせるのではなく、ロペスの母親にその責任を押し付けたのだ。

次ページシェア・エコノミーがシェアしているのは「リスク」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。