世界の児童手当を比較!「子育て最強国」は?

国際NGOが世界179カ国を対象に毎年調査

各国の児童手当はどうなっている?(写真 : FamVeld / PIXTA)

出産費用に育児グッズ、保育園や習い事などなど、子どもがいると本当に物入りですよね。ほとんど子どもの買い物ばかりでママは、ぜいたくなんてしていないのに、飛ぶようにおカネがなくなっていきます。

そんな子育て世代の強い味方が、政府や地方自治体の児童手当や給付金。日本の制度も徐々に整ってきましたが、世界にはため息のでるような手厚いサポートがある国がたくさんあります。

ドイツで「在宅育児手当」が違憲判決になった理由

当記事はIt Mama(運営:ターゲッティング)の提供記事です

そこで今回は、オーストラリアの教育現場で留学カウンセラーとして活動していた筆者が、各国の児童手当を比較しつつ、日本の子ども関連の給付金をご案内します。

今年7月、ドイツの憲法裁判所が『在宅育児手当』を違憲とする判決を下したというニュースが世間を賑わせました。ドイツでは、生後15ヶ月~3歳の子どもを自宅で面倒を見た場合、月150ユーロ(約2万円)が給付されていましたが、先の判決により中止されることに。

児童手当の中止といえば、時代に逆行しているようにも思えますが、ここで問題となっているのは「在宅」という点。女性は家で子育てをするものだという保守的な州と、女性を家に縛り付ける古臭い政策だという進歩的な州とで激しく意見が対立し、国を揺るがす一大議論となりました。

次ページ『お母さんにやさしい国ランキング』1位は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。