アディダスのRuntastic買収で何が起きる?

ランニングアプリに技術革新の余地はあるか

アディダスが人気ランニングアプリ『Runtastic』を買収した。技術革新は起こるのか?

これでスポーツ用品メーカーの2強が、ランニングアプリでしのぎを削ることになる。ランニングアプリでトップレベルの人気を誇る『Runtastic』を、アディダスグループが買収したというのだ。ランニングアプリではナイキがプロデュースする『Nike+Running』も人気だ。

正確なダウンロード数こそわからないが、これでおそらくランニングアプリの2強がアディダスとナイキのものになった。

既存の利用者に大きな影響はない?

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

この手のランニングアプリは、必ずしも必要なものではない。しかし、日々記録することでモチベーションが上がるのは事実だ。運動を始めようという意識は高まるし、継続、再開もしやすくなるだろう。

しかも、『Apple Watch』をはじめとするウェアラブルデバイス(フィットネストラッカー)とスマートフォンとの連動で、この手のランニングアプリやフィットネスアプリは、今まさに隆盛を極めている。市場も拡大していることだろう。

『Runtastic』がアディダスグループに加入したことは、Runtastic社のブログで、CEOのFlorian氏が書いているのだが、実際のところ、ユーザーにとっては大きな変化が起こるものではないという。

ただし、開発者にとって環境が向上するのは事実のようで、さらなるアプリ開発が期待できるようだ。

次ページそもそも、技術革新の余地はある?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
トランプ相場に乗れ! <br>超成長株・優良株350

日経平均2万円突破は秒読み。米国株も最高値圏が続く。今年の上昇銘柄を見逃す手はない。いま仕込む日米両国の株・投信を紹介。初心者向けに「今年から始める米国投資」も掲載。