(第22回)系列システムの問題は変化への対応性の欠如

(第22回)系列システムの問題は変化への対応性の欠如

日本の垂直統合は、単一企業によって行われるのでなく、系列企業と形成する企業グループによって行われていると、前回述べた。

技術的観点だけから見れば、垂直統合は一つの会社のほうがやりやすいはずだ。それにもかかわらず別会社とするのは、そのほうが、親会社にとって都合がよい面があるからである。

第一に、賃金格差を実現できる。同一企業内では、能力や成果で大きな賃金格差をつけるのは困難だ。日本のように企業一家的な感覚が強い場合には特にそうだ。しかし、別の会社にすればできる。

企業規模別に著しい賃金格差が存在することは、統計で確かめることができる。その状況は表に示すとおりだ。企業間格差は特に製造業において著しい。


関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。