明治大はなぜここまで急に評価を上げたのか

親子で考える「失敗しない大学の選び方」

こばやし・ひろし●リクルート進学総研 所長 1988年リクルート入社。早稲田大学法学部卒。グループ統括担当や『ケイコとマナブ』商品企画マネジャー、大学ソリューション営業、社団法人経済同友会出向(教育問題担当)、会長秘書、大学ソリューション推進室長などを経て、2007年4月より現職。文部科学省高大接続システム改革会議委員。現、リクルート進学総研所長 兼、『リクルートカレッジマネジメント』編集長

小林:昔は英語を学びたければ、「外国語学部」か「英文学科」を選べば問題ありませんでした。でも今は違いますよね。新設された「国際教養学部」や「グローバル教養学科」「異文化コミュニケーション学科」といったものも選択肢に入るわけです。

常見:受験者にとっては選択肢が増えた分、逆に不自由になっているわけですね。偏差値は受験科目の設定などで、ある程度コントロール可能な部分もありますし。もちろん、目安にはなると思うのですが。偏差値は大学選びの指標としては、もう当てにならなくなってきているのですかね?

偏差値だけで大学を選んではいけない

小林:すでに高校生が「偏差値なんて信用できない」と考えています。推薦・AOの比率も約5割という時代ですし。入るときの難易度ではなく、入った後に自分がどうなっているかを意識したほうが、いい大学選びができるのではないでしょうか。

常見:やや余談ですが、「日本もアメリカのように、入学は簡単で、卒業が難しい大学にするべきだ」という論がありますが、アメリカほどではないものの、大学での講義の実態はそうなっているともいえます。入学自体は、昔ほどの受験競争ではないにしろ、入ってから厳しくしごかれて単位習得の認定も厳しい大学はすでにあるわけですから。少なくとも4年間という長い時間を託すわけですから、納得度の高い選択をすべきでしょう。

小林:そして高校生はまだ人生経験や知識が浅いので、親御さんにもお子さんの大学選びに積極的にかかわってほしいと思います。それこそ偏差値以外のところに注目してほしい。

常見:景気の変化は親の大学入学に対する意識も変えたのでは?

小林:ここ数年でだいぶ変化しました。やはり親が大学を選ぶときに意識する項目は「入試情報」から「授業料」や「就職実績」にシフトしましたね。常日頃、自分の子どもが何になりたいのか、どんな大人を目指しているのか情報共有しておくといいでしょうね。アメリカや欧州ですと、子どもが10歳になる前から、将来何になりたいのか考えさせます。

小さいときから、自分のキャリアに対しての積極性を養っていくわけです。向こうでは、ホテルマンになるならコーネル大学、映像作家になるなら南カリフォルニア大学と、自分の目指すべき大学が明確ですから。そういった文化が日本でももっと広まるといいと思います。

常見:大学の講義や講演の中で、学生たちに進学の理由を聞いてみても「なんとなく」と答える子が非常に多い。もっとも、大学の情報はまだまだ学生に届いていないと感じますね。進路指導の先生に対しても。そこを届ける努力が大切なのでしょうけど。

次ページ受け身にならず、積極的になることが大事
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。