ドンキホーテ、食品強化で増益率は鈍化

今期も増収増益ならば27期連続に

 8月17日、ドンキホーテホールディングス は、2016年6月期の連結営業利益が前年比1.8%増の398億円になるとの見通しを発表した。都内で昨年5月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 17日 ロイター] - ドンキホーテホールディングス <7532.T>は17日、2016年6月期の連結営業利益が前年比1.8%増の398億円になるとの見通しを発表した。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト13人の営業利益予測の平均値は443億円となっており、会社計画はこれを下回った。

連結売上高は同6.7%増の7300億円を計画。計画を達成すれば、売り上げ・利益ともに過去最高で、27期連続の増収増益となる。

同社は「実現性の高い見通し数字を出す」(広報)ため、増益率は15年6月期の2桁増から鈍化する。さらには、人材確保のための人件費増や「生鮮を導入したNew MEGA ドン・キホーテの出店を強化しているほか、ハードディスカウントの店舗の多店舗展開も考えており、増益率は鈍化する」(同)という。

ハードディスカウント業態は、驚安堂の梅島店をリニューアルしてスタート。小商圏で多店舗展開を目指す。

主力業態の「ドン・キホーテ」の既存店売上高は前年並みを計画。新規出店は全て合わせて25店舗強を計画している。

15年6月期は、連結売上高が同11.7%増の6839億円、営業利益が同14.0%増の391億円。「ドン・キホーテ」の既存店売上高は4.6%増で、訪日外国人を中心に順調に推移した。

15年6月末の店舗数は、国内・海外合わせて306店舗で、前年6月末比23店舗の純増となった。

 

(清水律子)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。