ロッテ株主総会、創業者次男の改革案を承認

安定的な経営構造の確立に株主の支持

 8月17日、ロッテホールディングス(HD)は株主総会を開き、ロッテ・グループ創業者の重光武雄氏の次男、重光昭夫最高経営責任者(写真)が提案した安定的な経営構造の確立や企業統治の強化を承認。11日撮影(2015年 ロイター/Yonhap)

[東京 17日 ロイター] - ロッテホールディングス(HD)は17日に株主総会を開き、ロッテ・グループ創業者の重光武雄氏の次男、重光昭夫最高経営責任者(CEO)が提案した安定的な経営構造の確立や企業統治の強化を承認した。

ロッテグループをめぐっては、創業者長男の重光宏之氏と昭夫氏が経営権をめぐり争っている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。