イラク首都シーア派地区で爆発、76人死亡 「イスラム国」犯行声明

シーア派地区でトラックが爆発

 8月13日、イラクの首都バグダッドのイスラム教シーア派地区サドルシティーにある市場で同日、爆発が起き、少なくとも60人が死亡し、200人が負傷した。バグダッドで撮影(2015年 ロイター/Wissm Al- Okili)

[バグダッド 13日 ロイター] - イラクの首都バグダッドのイスラム教シーア派地区サドルシティーにある市場で13日、爆発が起き、少なくとも76人が死亡し、212人が負傷した。医療関係者らが明らかにした。

警官によると、午前6時頃に爆発物が積まれたトラックが卸売食品市場で爆発したという。

スンニ派の過激派組織「イスラム国」の支持者がインターネット上に掲載した声明によると、攻撃はシーア派の民兵らを狙ったものだという。

*内容を追加しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。