物理数学の直観的方法〈普及版〉 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬 長沼伸一郎著

物理数学の直観的方法〈普及版〉 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬 長沼伸一郎著

理科系の大学に進学すると、習う数学や物理学は高校までのような具体的な内容ではなく、一気に抽象的なものに変わる。rotなど見たことのない記号も増える。このrotは通常ベクトル解析で教え、電磁気学の中に登場する。ベクトル場を水流と考えたとき、rotはその流れの中にある微小な水車の回転速度と解釈できるなど、イメージによって最小限の努力で本質部分を納得させようとする。

線積分、面積分、全微分、テイラー展開、固有値、ベクトル解析、フーリエ変換、そして複素積分など、大胆なイメージ化により、難解な概念を短時間でマスターさせ、理工系学生の前に立ちはだかる数学の「10の難所」の直感的な理解に導く。

講談社ブルーバックス 1092円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。