民法改正 契約のルールが百年ぶりに変わる 内田貴著

民法改正 契約のルールが百年ぶりに変わる 内田貴著

現在、民法に抜本的な改正の動きがある。制定以来100年以上が経過して、社会・経済の変化に対応できなくなっているからだ。

法務省参与である著者は、大学で法律を教えていた頃、民法の学習は外国語の習得に似ていると説いていたという。日本語なのにもかかわらず、日常語とは異なる言葉、異なる文法で書かれているのが、法律の条文だというのだ。今回の改正には、こうしたデメリットを正す目的も含まれている。

本書で扱われているのは、企業間の取引から日常的な売買まで含む、広い意味での経済活動、契約に関するルールの部分。改正によって一般の生活にどのような影響があるのかも解説されている。

ちくま新書 798円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。