今度は菊川社長が辞任 迷走続くオリンパス

今度は菊川社長が辞任 迷走続くオリンパス

わずか2週間で、2度の社長交代──10月中旬に英国人社長を電撃解任したオリンパスが、さらなる急展開を見せている。

10月26日、前社長の解任後、社長を兼務していた菊川剛会長の辞任を発表。高山修一専務が社長に就いた。

マイケル・ウッドフォード前社長の解任とその後の報道で、株価は一時半値以下に。時価総額で4000億円弱もの企業価値が吹き飛び、菊川氏は退場を余儀なくされた。

引き金は解任後ウッドフォード元社長がメディアに告発した、過去の二つの買収案件だ。同氏は2008年に実施された英医療機器ジャイラスおよびベンチャー3社の買収に関し、適切でない巨額の支出が行われたと批判。菊川氏らの責任を追及していた。

会見には、渦中の人物である菊川前社長は姿を現さず。過去の案件については「設立する第三者委員会に委ねる」(高山新社長)の一点張りで答えず、苛立った報道陣が声を荒らげる場面もあった。

すると翌27日には、2日連続の緊急記者会見を実施。一転して「昨日の皆さんの疑問にお答えしたい」(高山新社長)と、支払金額の算定根拠などを説明した。だが市場関係者からは「株式市場の疑問に真正面から答えたとは言えない」との声が聞かれた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。