BMW子会社も「アルファベット」だった

グーグルの商標権侵害を調査

 8月11日、ドイツ自動車大手BMWは、米グーグルが設立を発表した新持ち株会社「アルファベット」が、BMWの子会社と同名であるとして、商標権侵害の有無を調べていると明らかにした(2015年 ロイター/Pascal Rossignol )

[フランクフルト 11日 ロイター] - ドイツ自動車大手BMW<BMWG.DE>は11日、インターネット検索最大手の米グーグル<GOOGL.O>が設立を発表した新持ち株会社「アルファベット」が、BMWの子会社と同名であるとして、商標権侵害の有無を調べていると明らかにした。

BMWの広報担当者は同日、「商標をめぐる影響があるか調査中だ」と述べた。現時点ではグーグルに対し法的措置を講じる計画はないという。

グーグルは10日の発表で、「アルファベット」設立に際し、「アルファベット」の名前で製品を出したり、ブランド展開したりする考えはないと明言している。このためBMWとの間で法的な争いが生じる公算は小さい。

BMWの「アルファベット」は法人の自動車利用に関連したサービスを18カ国で提供している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。