マンション秋の陣! 売れ筋キーワードは「値頃感」 熱気増す首都圏マーケット

不動産経済研究所がまとめた9月の首都圏のマンション供給は、前年同月比16・7%増の3713戸。今年2月以来、7カ月ぶりの二ケタ増となった。発売初月の契約率も77・7%で、好調の目安とされる7割台を2カ月ぶりに回復した。

「発売時期の先送りが長期化するのではないかと懸念されたが、9月は東日本大震災前のトレンドにほぼ戻った格好。このままのペースで行けば、昨年並みの年間供給4・5万戸を確保できそうだ」(不動産経済研究所の福田秋生・調査部長)

マンション供給の回復に伴い、熱気を帯びてきた首都圏のマンション秋商戦。大手デベロッパーが大規模マンション開発を続けてきた、江東区から中央区にかけての東京湾岸エリアの動向が、今後のカギを握りそうだ。


 野村不動産が手掛ける「プラウドタワー東雲キャナルコート」(江東区)は、大手デベロッパーが震災後に初めて発売する、湾岸立地の超高層マンション。

東京湾岸エリアは計画段階のものも含めると、「年間3000戸程度の新規供給が今後2~3年続く可能性がある」(三菱地所レジデンス街開発事業部の亀田正人シニアリーダー)。震災による液状化リスクなど、湾岸エリアについたマイナスイメージがどこまで払拭できているか。この野村不動産の物件は、今後の湾岸高層マーケットを占う試金石として、業界の間で注目されている。


関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。