原子炉掃除ロボット「Stinger」の実力は?

水中を自由に泳ぐタツノオトシゴ型ロボ

危険が伴う上、手間も費用もかかる原子炉の掃除。人間に代わって行ってくれるロボットが登場しました

原子力発電を行う以上、発電設備のメンテナンスは重要な作業になるが、その中でも炉心の格納容器内のメンテは最重要だ。しかし、格納容器内のメンテを人が行うには危険が伴うだけでなく、費用も時間もかかる。

だったら機械にやらせればいいではないか、ということになるのだが、案外この分野は進んでいなかったようだ。

そこでGE Hitachi Nuclear Energy社が、容器内を検査し、洗浄まで行う遠隔操作型ロボット『Stinger』を開発した。

水の中を遠隔操作で移動するロボット

Stinger | GE Hitachi Nuclear Energy

『Stinger』は、格納容器内を遊泳しながら、検査とクリーニングを行うロボット。

原子炉は点検がやっかいな代物だ。炉の中は冷却水で満たされており、核反応を起こしている現場だからだ。

どのような状態にあるかわからない環境で、定期的な検査とクリーニングを人が行うことは困難であり、費用も大きくなりがちだ。

次ページ人間が作業をするとかなりの重労働だが……
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。