「被爆電車」に刻まれた消えない戦争の記憶

そのとき鉄道に何があったのか

「被爆電車」653号。2015年に、原爆投下時の塗色に復元された

1945年に太平洋戦争が日本の敗戦で終わってから、2015年は70周年という節目の年である。

70年前の鉄道にはもちろん新幹線はなく、電化区間は大都市近郊か急勾配区間に限られており、今日の鉄道輸送の圧倒的主役である電車も、その頃としてはむしろ珍しい存在であった。長距離列車の大半は蒸気機関車が牽引していた。

戦災から復興し、輸送力増強と高速化に追われた高度経済成長時代を経て、日本の鉄道は大きく変貌した。その過程で、戦争を経験した1945年以前の鉄道車両、施設は時代に合わないものとして次々に姿を消し、もはやほとんど残っていない。

しかし、やはり戦争の悲惨さや、二度と起こしてはならないという反省を後世に伝えるため、鉄道の世界においても、70年前を知る車両などが保存されている例がある。また、戦争の記憶を伝える鉄道風景が、意図的にではなく、自然と残っているところ。あるいは、人々によって記憶が受け継がれているところもある。

開発され尽くされた大都市圏であっても、身近な場所が、意外にも戦争の記憶を留めていたりする。いくつかの例を、この機会に紹介しよう。

塗色を復元した、広島の「被爆電車」

広島市中心部に路線網を持つ広島電鉄は、1912年の開業。100年以上の歴史を持ち、便利で手軽な交通手段として市民に親しまれている。

1945年8月6日8時15分の原子爆弾投下で、広島電鉄は壊滅的な被害を受けた。朝の通勤時間帯(その日は月曜日)とあって多くの電車が市内を走っていたため、そのほとんどが破壊され、もちろんのこと、全線にわたって運転不能の状態に陥っている。しかし、社員にも多数の死者を出したにもかかわらず、文字通り、生き残った人々の懸命の努力により、3日後の8月9日には一部区間で運転を再開。市民を勇気づけたという。

原爆投下の少し前、1942年に製造された650形電車5両も市内各地で被爆。大小の損害を受けた。けれども、そのうち3両は現在でも広島電鉄に在籍しており、651号、652号はラッシュ時などに通常の運用に入るほか、「被爆電車」として修学旅行生が貸し切る、平和学習にも活用されている。

653号は一時、新型電車に置き換えられて運用から離れ、車庫で保管されていた。だが、原爆投下70周年を記念して今年(2015年)、1945年当時の灰色と青のツートンカラーに復元されて、現役に復帰。RCC中国放送と広島電鉄が企画した「被爆電車特別運行プロジェクト」に使われている。

次ページ「被曝電車」に乗ってみた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。