ANA、世界初のB787営業フライトが無事完了

航空券のオークション最高落札額は262万円

全日空、世界初のB787営業フライトが無事完了、航空券のオークション最高落札額は262万円

全日本空輸(ANA)は、10月27日、世界初となる最新鋭の中型旅客機ボーイング787の営業フライトを完了した。26日午後12時20分に成田空港を飛び立った787のチャーター便「NH7871」は、現地時間15時50分に香港国際空港に降り立ち、翌27日に成田への帰路に就いた。

NH7871の乗客は総勢240人。ANA系旅行代理店によるパックツアー(7万8700円)には2万5505人の応募があったが、うち抽選で100人が購入。ほかに6席が、日本のヤフーとイーベイでのネットオークションにかけられた。

日本人の1人当たり最高落札額は88万1000円、海外ではマイアミ在住のアメリカ人が3万2700万豪州ドル(約262万円)の最高額で落札した。マスメディアも多数押しかけ、約11カ国37人の海外記者を含む100人近くが搭乗した。

 


■出発ゲートでの式典

 

世界初の営業フライトとあって、NH7871の乗客7871は出発前から半ばお祭り騒ぎの状態。出発ゲートでは記念式典が開かれ、離陸時や着陸時には機内で拍手喝采が巻き起こった。

香港国際空港に降り立った伊東信一郎社長は、「787の初フライトが実現できて大変うれしい。ANAは40年前、当社初めての国際便(チャーター便)を東京から香港に飛ばした。それだけに今、ここ香港に降り立ち、一段と感慨深い」とあいさつ。

また、前後の記者会見では、787を活用した国際長距離便としてベルギーやスイス、米国西海岸に飛行する可能性があることを示唆した。

 


■香港での歓迎

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。