人種対立激化のファーガソンで非常事態宣言

黒人射殺1年の集会で銃撃

 8月10日、米ミズーリ州ファーガソンで黒人青年が白人警察官に射殺された事件の追悼集会で、警官に発砲した男が撃たれて重体となり、非常事態宣言が発令された。写真は警官に抗議するデモ隊。9日撮影(2015年 ロイター/RICK WILKING)

[ファーガソン(米ミズーリ州) 10日 ロイター] - 米ミズーリ州ファーガソンで黒人青年が白人警察官に射殺された事件から1年となった9日夜の追悼集会で、警官に発砲した男が撃たれて重体となり、当局は10日、周辺地域に非常事態宣言を出した。

男は18歳で、別のグループとの抗争を受けて駆け付けた警官らと銃撃戦になり、負傷して病院に搬送された。検察当局は、警察や車に発砲した容疑で男を訴追した。

一方、セントルイス郡は、市民などが危害を加えられる可能性があるとして非常事態宣言を発令。こうした事態を受けて、現地では再び緊張が高まっている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。