民主党の組織と政策 結党から政権交代まで 上神貴佳、堤 英敬 編著 ~政権交代までの重要かつ興味深い検証

民主党の組織と政策 結党から政権交代まで 上神貴佳、堤 英敬 編著 ~政権交代までの重要かつ興味深い検証

評者 野中尚人 学習院大学法学部教授

2009年の政権交代によって日本の政治はよくなったのだろうか。多くの国民は、政治家への不信感や、「政治」への頼りなさを覚えるとともに、政権交代の主人公だった民主党へのさまざまな疑問を拭えない。

本書は、1996年の旧民主党の結成から2009年の政権交代に至るまでを対象に、民主党の組織や政策を分析したものだ。新進気鋭の研究者がチームとなり、骨の折れるデータ収集と、最新の分析手法を組み合わせた成果である。

本書がもたらした知見は多岐にわたっている。ほんの一部だけだが、主要な論点を挙げてみよう。たとえば、民主党が成功したのに対して、新進党が失敗した理由は何だったのか。リクルートや党内役職配分では、自民党とどう違うのか、あるいは似ているのか。そのほか、民主党における地方組織構築をめぐる困難さ、党組織と労働組合との関係、政党支持率からみた「与党効果」とメディア報道の重要性、政策争点としての「年金」問題の大きさ、2大政党化と「受け皿」の問題、マニフェストの変動とその意味など、それぞれが非常に重要かつ興味深い検証となっている。

民主党は、「有権者の政党ばなれ」と「自民党による政権の独占」という二重苦の中で、どのように政権交代にたどり着いたのか。本書は、まさに地道な実証研究を通じて見事にそれを描いたものだ。

残された大きな課題は、政権交代後である。政権を取るということの巨大なインパクトは、国政のみならず、民主党自身にも強く及んだ。著者らによる次作を期待したい。それまでの間、評者も執筆に加わった『ゼミナール現代日本政治』と併せてお読みいただければ、というのは、許されない「我田引水」であろうか。

うえかみ・たかよし
高知大学人文学部准教授。1973年東京都生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。

つつみ・ひでのり
香川大学法学部准教授。1972年大阪府生まれ。慶応義塾大学大学院法学研究科博士課程退学。

東洋経済新報社 4725円 279ページ

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。