一流の開発トップは「話を聞く」を徹底する

「Elasticsearch」生みの親の開発哲学

時差をものともせずに世界中の“仲間”の声を聞き続ける原動力は何なのか?
本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です

全文検索エンジン「Elasticsearch」は、ビッグデータ分析や可視化の分野で世界的に利用されているプロダクトだ。このほど、オープンソースプロジェクトとしてこのElasticsearchを開発した技術者であり、運営するElastic社(本社オランダ)のCTOであるShay Banon氏が来日を果たした。

Elastic社の製品は、ElasticseachやkibanaといったOSSから有償サービスまでを含めると、全世界で3000万件以上のダウンロード数を誇るという(2015年7月時点)。これらの製品群を支えている技術者約130人、社員約250人は世界各地に散らばり、リモートでプロジェクトにあたっている。

また、開発トップであるBanon氏は、世界中のユーザーから四六時中寄せられる問い合わせほぼ全てに自ら目を通すなど、桁外れのハードワーカーとしても知られる。オープンソースプロジェクトの世界的な成功者の仕事哲学に、イノベーションのヒントを探った。

OSSは魔法ではない

――今回はShayさんの仕事の流儀、仕事哲学について伺いたいと思っています。はじめに、どのような経緯でオープンソースのプロジェクトに関わるようになったかをお聞きしたいのですが?

15年前に移住した先のロンドンで、シェフになるための勉強をしていた妻のためにアプリケーションを作ろうとしたのが始まりです。

レシピなどの料理の知識を簡単に検索できるようにするために、Apache Luceneという全文検索ソフトウエアのプロジェクトに携わったことがきっかけで、その後、Luceneに基づいたCompassというプロジェクトを立ち上げることになりました。

OSSにはその前からユーザーとして関わっていて、その運動には関心がありました。その後のキャリアはオープンソースありきのものと言っていいと思います。

Compassのプロジェクトを通じて、OSSを普及するために必要な2つのことを学びました。一つは、非常にシンプルなものでなければならないということ。もう一つは、それなりの投資をしなければならないということです。OSSは、放っておいても勝手に広まるような魔法ではありません。

夜も寝ずにメールに回答したり、週末にもIRCで話したりしました。Compassでの7年を通じて、OSSのプロジェクトを成功させるのにはどれだけの努力が必要かを知っていたので、Elasticsearchをゼロから作り始めるのはとても勇気がいることでした。

ただ、ユーザーやコミュニティ、インフラは自分の想像を超えて広がっていったので、続けていくという決断はすぐにできました。

次ページElasticsearchはどのように着想したのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。