中国系ハッカー集団がアメリカ系企業を攻撃

標的はアメリカン航空やアンセム

 8月7日、中国系のハッカー集団が米アメリカン航空グループや航空券の予約システム運営会社のセーバーのシステムに侵入したとブルームバーグが報じた。ボストンのローガン空港で6月撮影(2014年 ロイター/BRIAN SNYDER)

[7日 ロイター] - 中国系のハッカー集団が米アメリカン航空グループ<AAL.O>や航空券の予約システム運営会社のセーバー<SABR.O>のITシステムに侵入したことが分かった。ブルームバーグが関係筋の話として報じた。

セーバーはロイターに対し、クレジットカードや個人特定可能な情報など、敏感で保護された情報への不正アクセスについて、現時点で確認していないと説明。アメリカン航空は、報道された攻撃を裏付ける証拠が無いと説明している。

報道によると、米医療保険大手、アンセム<ANTM.N>などを攻撃したハッカー集団と同じだという。

セーバーは「最近、サイバーセキュリーティー事案の発生を知った」と説明。調査を続けているとした。

アメリカン航空の広報担当者は「デジタル署名やIPアドレス、攻撃態様を調べる外部のサイバーセキュリティー専門家と連携しているが、米連邦人事管理局(OPM)で起きたのと同様の攻撃を受けたことを示す証拠はない」と説明した。

ただ、「本日の件を踏まえてという訳でなく、業界内で攻撃が頻発していることを受け、取り組みを強化したほか、調査やシステム防衛を行うサイバーセキュリティー専門家を増員した」としている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。