井川一族が牛耳る 大王製紙の末路

井川一族が牛耳る 大王製紙の末路

製紙業界3位、大王製紙の創業者一族である井川意高前会長(47)=9月16日付で引責辞任=がグループ企業から巨額の資金を個人的に借り入れたまま、使途不明金となっている問題が発覚してから1カ月余り。会社側は前会長を刑事告訴する方針を固め、事態は急展開の様相を見せている。

会社側によると、井川前会長が連結子会社7社から2010年度と、今年4月から9月までに合計84億円(その後105億円と判明)を借り入れ、うち29億円は今年4月以降に現金や関連会社株で返済されたが、残りは返済されないままになっている。なぜいとも簡単に巨額資金を引き出せたのか。

全7社で代表取締役 父、弟、叔父も重役

会社側によると不正融資の舞台となったのは連結子会社7社。各社の官報と登記簿を調べると、井川家一族のお手盛り経営だったことが一目瞭然だ(表)。


関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。