日清「カップヌードル」がこだわる微妙な差

人気3シリーズ、麺の違いを知っていますか

カップヌードルシリーズの定番3シリーズ。いずれもロングセラーのヒット商品だ

「発明はひらめきから。ひらめきは執念から。執念なきものに発明はない」

これは日清食品の創業者、安藤百福の言葉だ。日清食品といえば、「チキンラーメン」や「カップヌードル」などの即席麺メーカー。東洋水産、サンヨー食品、明星食品などをしのいで、国内で約4割というシェアを誇る。

その代表商品として国民的人気を誇る「カップヌードル」シリーズ。スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどでいくつかの種類を見かけることがあるだろう。ここに、日清食品はさまざまな「差」を盛り込んでいる。TBSテレビ『この差って何ですか?』取材班は、それを確かめるべく日清食品に直撃取材を敢行した。話を聞かせてくれたのは、カップヌードルのブランドマネージャー藤野誠氏である。

人気ベスト3は定番シリーズ

藤野氏いわく、現在市販されているカップヌードルは27種類もある(2015年7月時点)。この中で売り上げベスト3は以下のとおり。

第1位:カップヌードル
第2位:カップヌードルシーフードヌードル
第3位:カップヌードルカレー

予想通りというべきか、有名な3つの定番商品が上位を占めた。この3商品の差は「味」や「具材」だけかと思ったら違う。それぞれの「麺」にも差があるのだ。

カップの中の乾燥麺をパッと見た限りでは、何がどう違うのかまったく分からないが、実は、各スープと麺のバランスがベストマッチするように「麺」をそれぞれ微妙に変えているというのだ。

画像を拡大
カップヌードルカレーの麺だけが微妙に太い。TBSテレビ「この差って何ですか?」日曜よる7時放送。「そうめんと冷麦の差」「全国打ち上げ花火の最新技術の差」「売り上げトップの実演販売士のテクニックの差」などを2時間スペシャルで取り上げます

まずは、麺の太さだ。取材班は3つのカップヌードルを湯戻しした後に、麺の太さを計ってみた。すると、「カップヌードル」と「シーフードヌードル」の麺はおよそ2ミリの太さなのだが、「カップヌードルカレー」の麺だけは、およそ3ミリと、わずか1ミリの差ながらやや太めの麺だということがわかった。

「なるほど、カレーは麺にしっかりスープが絡んだ方がおいしいですもんね~!」と取材班が大きくうなずくと、藤野氏は「いえ、そうではありません」とすかさずピシャリ。藤野氏によれば、麺を太くしているのは、むしろ「スープと絡みすぎないようにするため」の工夫だという。

次ページなぜ太さに違いが?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。