Facebook、新しいサービスを発表

企業と顧客が直接メッセージ交換

 8月5日、米フェイスブックは企業が顧客と直接メッセージをやりとりできるサービスを提供すると発表した。7月撮影(2015年 ロイター/RICK WILKING)

[サンフランシスコ 5日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は5日、企業が顧客と直接メッセージをやりとりできるサービスを提供すると発表した。「メッセンジャー」機能を独立したアプリにする戦略の一環とみられる。フィットビット

企業は「ニュースフィード」に表示される広告に「メッセージ送信」ボタンを置くことができ、フェイスブックのユーザーは非公開で情報を送信できる。企業はそのユーザーに非公開のメッセージを返信できる。

新サービスは、特にインド、ブラジル、インドネシアなど新興市場国の中小企業に、フェイスブックでの広告が直接売り上げ増加につながると呼び掛ける狙いがある。

広告ページには「即答(Very responsive to messages)」バッジを付けることも可能。これは90%以上のメッセージに平均5分以内に返信するというものだ。ユーザーは企業からの返信をブロックすることも可能という。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。