コンビニ弁当を救った「おかず入れ」の秘密

意地でも「よそとちゃうことせなあかん」

コンビニ弁当で欠かせないもの、それは「おかず入れ」です(写真 : オクケン / PIXTA)
上のバナーをクリックすると「日本一明るい経済新聞」のサイトにジャンプします

木村アルミ箔は、大阪生野区にあり、創業(昭和5年)から80年以上、大変に歴史のある会社です。

アルミ箔を作っています。早く言えば、ギンガミです。マドレーヌ菓子などのギンガミのカップ、あるいは、お弁当でお漬物などを入れる容器を作っています。

家訓が「よそとちゃうことせなあかん」

木村アルミ箔の社訓は、ありとあらゆる所に書いてあります

この会社の家訓が「よそとちゃうことせなあかん」です。この会社へ行くと、のれん、ポスターなどありとあらゆる所に、この「よそとちゃうことせなあかん」が掛かっています。壁にもそう書いてあります。創業者の木村弥之助さんの遺した家訓を、今も守っているのです。

ただこの言葉、実は昔からある言葉です。船場商法です。人とちゃうことせなあかんがな、と大阪の商人はみんな思っています。そうでなければ生き残れない。同じことしとったら、結局は価格競争に巻き込まれてしまいます。同じものなら、少しでも安い方がいいに決まっています。でもよそと違うなら、そうはなりません。よそと違うサービスをつける、よそと違う商品価値をつける。

そうすると、1円高く売れます。これが、関西人がもともと持っている気質、DNAだと思います。家電品などでいま日本がシンドイのも、中国や韓国が日本の商品の真似をして追いついてきたからです。よそと違わなくなったわけです。

次ページ「フィルム状おかず入れ」をつくったきっかけ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。