少子高齢化で求人難に悩む企業は必読!

『時代を勝ち抜く人材採用』を読む

第3次産業の危機とは求人難

「採用」という言葉を見ると新卒採用をイメージし、スケジュールや手法を解説した本だと勘違いする人がいるかもしれない。そうではない。正社員について触れている箇所もあるが、多くはアルバイト・パート、外国人、女性の採用と活用、退職者で繁忙期を乗り切るなどのノウハウに関する内容だ。業種的にはサービス業が多い。

10の事例が紹介されており、その背景を著者が解説している。それぞれの事例が成功する経緯や理由はさまざまだが、いずれも10年前なら考えられない。大きな技術進歩と社会変化があったことをあらためて痛感した。

本書の「はじめに」に「産業別就業者数構成比の推移」が示され、1950年前に就業比率39.8%だった第1次産業(農林水産)は3.8%に落ち込み、1970年代初頭に36.6%だった第2次産業(鉱工業)が24.5%まで下がったのに対し、1950年に35.8%だった第3次産業が70.7%になっていることがわかる。

本書は第3次産業を「その多くが小売りや、飲食、運輸、医療、福祉といったサービス産業で構成されており、企業がアルバイト・パートスタッフの雇用主となるケースが多い産業形態」と定義している。そしてこの第3次産業に危機が訪れていると主張している。「求人難」だ。

次ページ採用活動は半永久的に厳しくなる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。