「会議に出ないと減給」…上司の命令は絶対?

労働弁護士は「従業員の義務」をどう考える

上司の命令には必ず従わなければいけない?(写真:xiangtao / PIXTA)

「会議には出てください。あなたの時間は『会社の時間』ですから」。

東京都内のIT企業でエンジニアとして働くMさんは、毎週火曜日にある定例会議に出席せず、自分の仕事をしていたところ、ある日上司から「会議に出席しないと、減給する」と告げられた。

Mさんはアメリカのニューヨークで生まれ育ち、自由な価値観を持っている。「日本の企業は、無意味で無駄な会議が多すぎる」と常々考えているMさんにとって、定例会議は自分が出席する意味のない会議で、その時間を自分の業務にあてたほうが、会社に貢献できると思っているそうだ。

無意味な会議でも出席しなければいけない?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

上司に注意されてからは、しぶしぶ出席するようにしたそうだが、まったく無意味に思える会議でも、必ず出席しないといけないのだろうか。

また、会社は、会議に欠席したことを理由に、減給処分にすることができるのだろうか。労働問題に詳しい大山弘通弁護士に聞いた。

「Mさんは会議に出席すべきです。また、会議に出席しないことが続けば、減給処分を受けてもやむを得ないです」

大山弁護士はきっぱりと述べる。

次ページなぜ「出席すべき」?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
最新 経済指標の読み方・使い方

10年以上に及ぶ政府統計の大改革が始まった。実態をより理解できるようになれば、ビジネスでも活用の幅が広がる。経済指標を日々チェックしているエコノミストが活用術を伝授。