世界に通用する「本当の武器」が必要だ

あなたの大事な能力を磨くために

次に大事なことは、クリエイティビティです。将来的に、人間の仕事はコンピュータに取って代わられ、現在の職業の65%はなくなると言われています。だからこそ、これからの仕事は、コンピュータと違うことができるかどうかが重要になってきます。その中で、人間が持つ大事な能力の一つこそ、クリエイティビティなのです。何事にも必要なクリエイティビティを身に付けることは、成功するうえでの大きな武器になるのです」

齋藤氏は、そのクリエイティビティを育むには、人間性を高めることが大切だという。それが結果として、アントレプレナーシップの養成に大きく役立つ。そして、最も大事なことは、「イノベーション」だと強調する。

「日本は技術大国と言われ、海外にたくさんの電子部品などのパーツを輸出しています。しかし、パーツだけではなかなか儲かりません。競合も多く、価格競争にもなりやすい。日本企業が苦労してつくったパーツを使って、海外の企業は大きな利益を得ています。おかしいと思いませんか。日本企業も、たとえばサービスやソフトまでを含めた製品のエコシステムをつくれば、もっと儲けることができるはずです。日本企業には技術があります。考えをちょっと変えるだけで、もっと儲けることができる。それにはイノベーションが必要なのです」

早く失敗することが大事

そうしたイノベーションを起こすには、サイエンスやエンジニアリングだけでなく、これからは、そこにデザインが加わると齋藤氏は指摘する。いわば、リベラルアーツとデザインである。だからこそ、文系、理系を融合することが必要だと言う。ただし、それだけでは足りない。さらに必要なことがある。

齋藤ウィリアム浩幸
1971年カリフォルニア生まれの日系二世。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部を卒業。大学在学中にI/Oソフトウェアを設立。会社売却後、2005年に拠点を東京に移し、株式会社インテカーを設立。コンサルタントであり、ベンチャー企業への投資も行う。内閣府本府参与も務めている。著書に『ザ・チーム-日本の一番大きな問題を解く―』(日経BP社)『その考え方は、「世界標準」ですか?』(大和書房)がある。

「それが多様性(ダイバーシティ)です。イノベーションは多様性の中でこそ、生み出せるものです。しかし、日本はダイバーシティがまだまだ弱い。それを解決するためにも、女性の力をもっと活用すべきなのです」

さらに齋藤氏は、若い人をもっと現場で登用すべきだと述べる。「たとえば、アメリカのベンチャー起業家の平均年齢は約27歳と言われています。確かに、その年齢は人がイノベイティブでクリエイティブな時期。日本企業でも、若い人をどう活用するのかが、これから大事になってくるでしょう」。

しかし、と齋藤氏は続ける。

「日本企業では、イノベーションを生み出せと掛け声をかける一方で、失敗を許さない風土があります。その真逆が、シリコンバレーと言えるでしょう。彼らは早く失敗することが大事だという考え方です。イノベーションは失敗から生まれるはず。失敗を経験に変えることが重要なのです。失敗を恐れることこそが、日本企業の足を引っ張っているのです」

次ページ創業をするなら二人で
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。