(第76回)2012年度新卒採用総括 学生の動き2

(第76回)2012年度新卒採用総括 学生の動き2

 

HRプロ株式会社

前回は、就職活動を行った大学生、大学院生4742名(調査期間:2011年6月22日~6月30日)の調査から活動に直結するデータを抽出して紹介した。

今回は就職できなかった場合の学生の考え、ソーシャルメディアやスマートフォンの利用状況、そして「印象のいい」「印象の悪い」エントリーシート、説明会、面接について紹介する。

●就職先が決まらない学生

未内定のまま卒業せざるをえない学生が社会問題化している。そこで今回の調査では「就職先が決まらなかったらどうするか」を学生に聞いてみた。最も多いのは「卒業して新卒枠での就職活動を継続する」。文系で36%、理系で31%である。確かに「卒業生の新卒枠応募」を認める企業はあるが、採用に至るケースは少ない。

「就職留年をして就職活動を継続する」は文系18%、理系15%。就職留年を支援する大学は増えている。

「進学する」は、主として学部生が修士としてあらためて就職活動するという意味(一部には、専門学校等への進学が含まれると推測される)だが、文系は8%と少なく、理系は23%と多い。文系の場合、もともと大学院進学者が少なく、進学しても企業から評価されることが少ない。

図表1:就職先が決まらなかったら

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。