非常時とジャーナリズム 井上亮著

非常時とジャーナリズム 井上亮著

現在の世相は昭和前期と似ているという。当時の抵抗の言論人4人、石橋湛山、桐生悠々、清沢洌、菊竹六皷と、言論界最大の「戦争放火者」徳富蘇峰がいかなる言葉を残したのかをまとめる。

「勝たねば日本は滅びる、国家の生死存亡のために勝ち抜かねばならぬ」「勝ち抜くためには水にも入り、火にも入り、体当たりはもとより自爆もまた辞するところではない」「日本はすでに勝っている。勝ちつつある。攻めれば必ず取り、戦えば必ず勝つ」。徳富蘇峰は、現在の常識的な理性を持つ人間にはとても読めない『必勝国民読本』で、そう口述筆記させている。

非常時の昭和から何を学ぶか。何より道理を捨てた言論・報道を戒める。

日経プレミアシリーズ 914円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
さまよう被災者<br>原発最後の選択

原発事故は多くの被災者を生み出した。故郷喪失、賠償打ち切りに直面する住民の苦悩は尽きない。追い打ちをかけるように、福島県の一部の畜産農家では乳牛の病死が相次いでいる。