もうダマされないための「科学」講義 菊池誠ほか著

もうダマされないための「科学」講義 菊池誠ほか著

科学を上手に使うにはどうすべきか。現代人の思考や社会生活は、自然科学の知見を抜きにして語ることは不可能だとしながら、そのことが逆にえせ科学を生み出していると説く。たとえば、科学的根拠がないのに、都合のいい統計だけを抜き出して効能をうたう怪しい健康食品などは、その最たるもの。そうした情報にだまされないためのリテラシーが伝授される。

今回の東日本大震災で広まったデマに関しても、科学的に検証。そこから科学とは何かをも問う。研究者、評論家、ジャーナリスト、出版関係者などがアカデミズムとメディアジャーナリズムのよりよい関係の構築を目指す集団・シノドス。そのセミナーの一つを書籍化した。

光文社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。