文部科学省が新潟県・秋田県の放射能汚染の航空機測定結果を発表、新潟県の群馬・福島・山形県境沿いで高めの放射線量

文部科学省が新潟県・秋田県の放射能汚染の航空機測定結果を発表、新潟県の群馬・福島・山形県境沿いで高めの放射線量

文部科学省は、10月12日、新潟県・秋田県の放射線航空機測定の結果を発表した。これにより、福島ほか12都県全域の航空機測定の結果が明らかになった。

今回発表されたデータでは、新潟県で、米どころとして知られる魚沼地方など群馬・福島・山形県境沿いを中心に高い濃度の放射性セシウムの沈着があり、それにより高めの空間放射線量が計測されている。

改めて広範囲に放射能汚染が拡大していることがよくわかる。

文部科学省による航空機測定は引き続き、岩手県、青森県、富山県、石川県、長野県、福井県、山梨県、静岡県、愛知県、岐阜県でそれぞれ実施され、結果が公表される予定だ。

■各地の空間線量率


■各地の土壌のセシウム沈着量

(出所:文部科学省 写真:東京電力)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。