ソニー、センサーなど好調で過去最高益達成

オリンパス株の売却益も上乗せ要因に

 7月30日、ソニーは2016年3月期のスマートフォン販売台数を従来計画3000万台から2700万台(前年同期は3910万台)に下方修正すると発表した。都内で4月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - ソニーが30日発表した2015年4―6月期の連結当期純利益(米国会計基準)は前年比3倍の824億円だった。ゲーム事業とイメージセンサーの事業が好調だったほか、オリンパス株の売却益も寄与し、4―6月期として過去最高となった。

4―6月期の連結営業利益は前年比38.8%増の969億円だった。据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」の販売が前年より増加し、スマートフォン(スマホ)向けのイメージセンサーの出荷も拡大した。

さらに4―6月期は、ロジスティクス事業の売却益や、完全子会社化した米オーチャードメディアの持ち分再評価益を営業利益に計上。オリンパス株の半数の売却益468億円を営業外収益に計上したことも、最終利益を押し上げた。

好調なPS4は、通期の販売台数を従来計画の1600万台から1650万台(前年同期は1480万台)に引き上げた。イメージセンサーの売上計画は、為替の円安進行で、従来の5500億円から5800億円(前年同期は4544億円)に上方修正した。

一方で、スマホの販売は、インドでの競争激化とブラジルでの市況悪化で低迷。通期の販売計画を従来の3000万台から2700万台(前年同期は3910万台)に下方修正した。

4―6月期の連結営業利益に対し、為替変動の影響はマイナス300億円で、このうち、スマホ事業の為替変動のマイナスが254億円を占めた。これによりスマホ事業の4―6月期の営業損益は229億円の赤字(前年同期は16億円の赤字)を計上した。

記者会見した吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)は4―6月期の業績について「前期の構造改革の効果は出ている」と述べたが、スマホ事業の赤字が続いていることが課題だと指摘した。

スマホ事業の赤字については「ドル建てコストが費用増となっており、米国での販売も少ないため、ドル高に弱い構造」と分析。今期1年で人員削減など同事業の構造改革を完了し、来期の黒字化を目指す方針を改めて示した。

同社は6月30日に決定した公募増資と転換社債(CB)で4200億円の資金を調達する。吉田副社長は「過去7年間で株主資本が1兆円減少した。今回の資金調達は、成長資金の確保とともに、き損した資本への取り組みの意味もある」と述べた。

(村井令二 編集:田中志保)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。