任天堂、4~6月期は5年ぶり営業黒字

携帯ゲームやフィギュアが寄与

 7月29日、任天堂が発表した2015年4―6月期の連結営業損益は11億円の黒字(前年同期は94億円の赤字)だった。ロサンゼルスで昨年6月撮影(2015年 ロイター/Kevork Djansezian)

[東京 29日 ロイター] - 任天堂<7974.T>が29日発表した2015年4―6月期の連結営業損益は11億円の黒字(前年同期は94億円の赤字)だった。携帯型ゲーム機やゲーム連動型フィギュアの新商品効果で、4―6月期として5年ぶりの営業黒字となった。

売上高は前年比20.8%増の902億円。携帯型ゲーム機「3DS」の販売が101万台(前年同期は82万台)と増加。昨年10月から投入した「ニューニンテンドー3DS」が販売を押し上げた。また、昨年11月から発売したゲーム連動フィギュア「アミーボ」も加わって、4―6月期は前年同期になかった新商品効果が売り上げ増につながった。

据え置き型ゲーム機「WiiU」の販売は47万台(前年同期は51万台)。今期も製造原価が販売価格を上回る逆ざやは続いているが、商戦期前で販売規模が小さく、営業利益へのマイナスの影響は少なかった。

また、円安進行は売り上げ増に寄与しただけでなく、6月末の外貨建て資産の評価を増加させた。これにより、営業外に為替差益を計上し、当期純損益は82億円の黒字(前年同期は99億円の赤字)となり、4―6月期として2年ぶりに最終黒字を計上した。

 

 

(村井令二)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。