なでしこジャパンはなぜ世界一になれたのか? 平田竹男著

なでしこジャパンはなぜ世界一になれたのか? 平田竹男著

女子ワールドカップドイツ大会でのなでしこジャパンの優勝は歴史的快挙だった。監督も選手も偉いが、決勝トーナメント初戦のドイツ戦が優勝へのカギだったと著者は分析する。主催国ドイツが自らに有利なようにトーナメントの日程を組み上げていたところへ日本がドイツに勝ち、その道程へうまくはまったというのだ。これこそ国際試合を有利に組む「マッチメーク」で、その重要性をめぐる持論が展開され、読ませる。

女子サッカー連盟ができて22年、その歴史は茨の道だった。スポンサー企業の相次ぐ撤退と無料試合でもまばらな観客席という存亡の危機を乗り越えて、いかに世界の頂点に立ちえたのか。サッカー協会専務理事としてその育成に苦労し、なでしこの命名にもかかわった著者だからこそ知りうる秘話、苦労話も興味深い。澤をはじめとした選手たちの横顔も楽しめるが、終章は世界一を続けるための強化策として逆台形モデルが提唱されている。(純)

ポプラ社 1365円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。