シェブロン、従業員1500人をレイオフへ

原油安でコスト削減

 7月28日、米石油大手シェブロンは、世界での全従業員数の約2%に相当する1500人をレイオフ(一時解雇)する方針を明らかにした。写真はロゴ、米カリフォルニア州で2013年4月撮影(2015年 ロイター/Mike Blake)

[28日 ロイター] - 米石油大手シェブロン<CVX.N>は28日、世界での全従業員数の約2%に相当する1500人をレイオフ(一時解雇)する方針を明らかにした。原油価格の下落による影響を打ち消すためコスト削減に動く。

ここ数年間にシェール開発で事業を拡大してきたテキサス州と本社のあるカリフォルニア州を中心に実施する。

海外従業員50人が影響を受けるほか、契約社員600人のポジションが取り消されるという。

同社はまた、レイオフの対象となる1500人のポジションについて270人分は現在欠員となっており、補充されないとしている。

広報担当者メリッサ・リッチー氏は、声明で「現在の市場環境を踏まえ、シェブロンは多数の事業部門と本部で社内コスト低減に向けた措置を取る」と説明した。

原油価格は米国内および海外での供給過剰をめぐる懸念から過去1年間に約55%下落している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。