米ボーイスカウト、同性愛者の指導者容認

組織を二分した論争がひとまず決着

 7月27日、米ボーイスカウト連盟は、同性愛者の成人が指導者や職員に就任するのを禁じた規則を廃止すると正式に決めた。写真は2014年6月、サンフランシスコのゲイプライドフェスティバルで虹色の旗を掲げるボーイスカウトの少年(2015年 ロイター/Noah Berger)

[ダラス 27日 ロイター] - 米ボーイスカウト連盟は27日、同性愛者の成人が指導者や職員に就任するのを禁じた規則を廃止すると正式に決めた。105年の歴史を誇る組織を二分した論争がひとまず決着し、新ルールは即日適用される。

13日の幹部会で全会一致をみた後、全米理事会において79%の支持を得て正式に承認された。ただ、宗教団体が後ろ盾になっている支部については、今後も独自の判断を認めることになる。

同連盟は2013年に、同性愛者の若者の入会を認めることを決定した。今年5月には連盟の総裁であるゲーツ元国防長官が、同性愛者の指導者を一律禁止するのは「持続不能」だとし、方針転換が必要だと語っていた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。