夢を掴め!未来は何歳からでも変えられる

39歳で心臓外科医を辞める決断ができたワケ

何歳になっても、「夢」を持てば成長できる!(写真:kuro3 / PIXTA)
野尻知里。彼女の経歴は、まさにスーパーウーマンである。
京大医学部卒業後、心臓外科医を経て、39歳のとき医療機器メーカー・テルモに非正規研究員として転身。プライベートでは42歳で結婚・出産。子育てをしながら、数年後には「人工心臓」の開発を担うアメリカの現地法人・テルモハートのCEOとして、12カ国150人の部下たちを従え、采配を振るうことになる。そして、日系企業が欧米に後れを取っていた人工心臓の分野で、画期的な製品・デュラハートの発売にこぎ着けた。それは、人工心臓分野で、日本企業が世界の最前線に立った瞬間でもあった。
「39歳でようやく本当にやりたいことにたどり着いた」という、遅咲きとも言えるキャリアの秘密を余すことなく描いた著書『心臓外科医がキャリアを捨ててCEOになった理由』を上梓した彼女に、自分が本当にやりたいことを見つけ、夢をつかみ取るヒントを聞く。

 

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で大反響!「未来は、何歳からでも変えられる」。そのことを、自身の人生をもって証明してきた著者が送る、熱いメッセージ。

――野尻さんは心臓外科医のキャリアを捨てて経営者の道に入られたわけですが、医師の世界を離れることに躊躇はなかったのですか。

それはなかったですね。

心臓外科医として約10年間、第一線で働いてきたわけですが、どれだけ医療技術が進歩しても、外科手術では助けられない患者さんがいる。これが厳然たる事実なんですね。だけど医者にとって、こんなに悔しいことはないんです。

それで、心臓外科医として勤務していた東京女子医大付属日本心臓血圧研究所を退職し、人工肺などの開発で実績があったテルモに転身したんです。この会社なら、私が目指す人工心臓を作れるかもしれない、と。

クビ覚悟で飛び込んだ研究者への道

――重い心臓病の患者さんを救いたいという思いは、ずっと一貫していた?

メスを握り続けるよりも、人工心臓の開発に取り組んだほうが、より症状の重い患者さんを救うことができるはずだ、という思いですね。

次ページ「すぐクビになるだろう」と思っていた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。