米国で議論沸騰!「一夫多妻」が合法になる?

重婚を認めないのは「憲法違反」と言えるのか

かつて貴族階級には存在していた「一夫多妻制」、現在でも認められる?(写真 : xiangtao / PIXTA)

アメリカの連邦最高裁判所で6月下旬に「同性婚」を認める判決が出たことをきっかけに、「一夫多妻も合法のはず」と主張する家族が現れて、話題になっている。

AP通信によると、米モンタナ州に住む男性、ネイサン・コリアーさん(46)がこのほど「2人目の妻」との婚姻届を裁判所に提出した。彼は2000年に1人目の妻ビクトリアさん(40)と結婚し、2007年には、2人目のクリスティーンさんと宗教上の式をあげたという。しかし、アメリカでは重婚が認められていないため、クリスティーンさんと正式な婚姻関係がない状態だ。

一夫多妻も「平等」といえるのか

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

連邦最高裁で同性婚を合憲とする判決が出た際、ロバーツ最高裁長官が「同性婚を認めると、一夫多妻も同じ議論になる」と反対意見を述べたことから、コリアーさんは一夫多妻も「結婚の平等」にあたると思いついたのだという。

コリアーさんが婚姻届を出した裁判所はいったんは受理を拒否。コリアーさんは、場合によっては訴訟を起こす構えもみせているようだ。

もし日本で、コリアーさんと同じように「一夫多妻」や「一妻多夫」の重婚の婚姻届を提出したらどうなるのだろう。また、「重婚を認めないのは憲法違反だ」という主張は認められるだろうか。田中真由美弁護士に聞いた。

次ページ日本の法律ではどうなる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。